図鑑を埋める意味や色違いを出しやすくする基本について【ポケモン剣盾】

こんにちはももです。

先日ようやくポケモン図鑑を全部埋め終わって「ひかるおまもり」を手に入れました。

たぶん3日ぐらいかかった気がします……

ちなみに、ポケモン図鑑全部埋めることで手に入る「ひかるおまもり」には凄く魅力的な効果があります。

昔からやってる人からすると有名な話ですが知らない方もいると思うので今回はこの「ひかるおまもり」の効果や色違いが出やすくなる小技についてまとめていきたいと思います。

図鑑を埋めると手に入るひかるおまもりの効果は?

ポケモン図鑑を全てそろえると貰える「ひかるおまもり」を持っていると色違いの出現する確率が3倍になります。(レイドバトルには影響しないらしい)

元々の出現率が1/4096のため「ひかるおまもり」があると1/1365まで跳ね上がります。

これは持ってるか持って無いかでかなり差が出ますね。

ぜひ手に入れておきたいところです。

色違いが出る確率が上がる?国際孵化とはどうやるの?

ちなみに「ひかるおまもり」以外にも実は色違いが出やすくなる方法があります。

それが国際孵化と言われるものでこれをやることで色違いが出る確率が通常の6倍である1/683になります。

国際孵化のやり方

国際孵化のやり方は名前の通り国籍の違うポケモン同士でタマゴを生ませるだけです。

例えば自分のソフトで手に入れた日本産のピカチュウと英語版のソフトで手に入れたピカチュウを一緒に預けることで国際孵化となり色違いの子供が生まれる確率が跳ね上がるという訳です。

といっても海外産のポケモンを手に入れるのは結構大変ですよね。

地道にマジカル交換で流れてくるのをまつか言語設定を英語にするだけでも海外ROM扱いになるみたいなので自分で海外ROMを持つしか無さそうですね。

国際孵化の時の小技

ちなみに同種同士のポケモンを預け屋に預けたときに2匹の親トレーナーが違うとタマゴの発見が遅くなります。

なので海外産のポケモンはメタモンにするのが一番なのですが、どうしても手に入らない場合は一匹を進化させてから預けるようにしましょう。

たとえばピカチュウとライチュウを預けてタマゴを生ませるって感じですね。

これで別種のポケモン扱いになるのでタマゴが見つかりやすくなります。

国際孵化とひかるおまもりを併用したときの確率は?

ひかるおまもり」と国際孵化を併用した場合も効果はちゃんと乗ります、ただし3倍と6倍なので単純に足して9倍とか掛けて18倍とかになるわけでは無いです。

先ほどは色違いが出やすくなる確率を3倍とかで説明してしまいましたが実際は以下のような形で確率が上がっています。

ひかるおまもりを所持している場合の確率:(1+2)/4096=1365

国際孵化の確率:(1+5)/4096=612

なので併用した場合は1/4096の分子に「ひかるおまもり」の分の2と国際孵化の分の5が追加されて(1+2+5)/4096となり1/512の確率で生まれることになります。

孵化時にニックネームを付けるのを省略できる

そういえば孵化厳選時にありがたい設定が追加されていて、ニックネームを付けるかの選択肢を省略することができます。

ちょっとした時間ですが積み重なってくると大きいですし、ストレスも減らせるのでニックネーム登録はしないに設定しておくことをお勧めします。

色違いを作るのにかかる時間はどれぐらいかかる?

この前ミミッキュを10匹孵化するまでの時間を測ってみたのですが大体9分ぐらいかかりました。

なので512匹孵化するまでにかかる時間はだいたい450分ぐらいで8時間あれば生まれるかな~って感じっぽいですね。

結構かかりますね……まあでも適当にやってたので、もっと効率よく孵化できればもっと早いかもしれません。

まとめ

今回は「ひかるおまもり」や色違いの出現率についてまとめてみました。

調べてみるとやっぱり、普通にやるのと国際孵化ではとんでもない効率の差がでてきますね。

狙ってやるなら国際孵化必須って感じですね。

今まで国際孵化とかあんまり意識したことなかったですが、せっかくだからこれからは海外産のメタモンを使って厳選することにします。

皆さんも色違いを狙うときはまずは海外産のメタモンを手に入れてからチャレンジするようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Twitterもやってるのでもしよかったらフォローよろしくお願いいたします。

momo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です