アタッカーアーマーガアは強いのか?レート初心者の育成論

アタッカーアーマガア

こんにちはももです。

だいぶ遅いのですがシーズン2になってからようやくレート対戦を始めてみることにしました。

ただ使いたいポケモンもいなくてどうしようか困ってたらアタッカーアーマーガアが強いという動画を発見したのでそいつを主軸にパーティを組んでみました。

なので今回はアーマーガアを使う際に調べた内容使用感についてまとめていきたいと思います。

アタッカーアーマガアとは?

特性 ミラーアーマーorプレッシャー
性格 ようき
ドリルくちばしorブレイブバード、ビルドアップ、はねやすめorボディプレス、ちょうはつ
持ち物 たべのこし
努力値 H0,A252,B4,C0,D0,S252

アタッカーアーマガアの特徴

従来のアーマーガアはHPや防御を伸ばして物理受けとして使われることが多かったです。

しかしそのアーマーガアをあえて物理受けとして使わずにアタッカーとして活用しようと生み出されたのがアタッカーアーマーガアです。

この型のアーマーガアは挑発を持たせることで、「ドヒドイデ」や「サニーゴ」などの受けポケモンを起点にしてビルドアップを積んでいくことが出来ます。

さらに最速にすることで環境に多いアーマーガア同士の対決になったときに上から挑発をうって起点にできます。

欠点としては耐久に振っていないので通常のアーマーガア程物理アタッカーに対しての安心感は無いです。

そのため、「たべのこし」や木の実などの回復アイテムを持たせて、HPを維持できるようにすることが多いですね。

特性

アーマーガアはミラーアーマーが一般的ですが、レート上位の構築ではプレッシャーにしている人も結構見ます。

プレッシャーにすることで受けポケモンのねっとうや、ドリュウズのつのドリルのPPをはやく枯らすことが出来るのが強いみたいです。

しかしミラーアーマーもダイホロウやダイアークを受けても耐久を削られないという点が強いのでどちらも捨てがたく選択が難しいですね。

技構成

技構成はいろんなパターンがあるのですが僕は「ドリルくちばし」、「ビルドアップ」、「はねやすめ」、「ちょうはつ」で使っていました。

ボディプレスがあったほうがバンギラスやドリュウズの処理が楽だと思います。

ただはねやすめがあるとちょっと厳しめのポケモンにも無理やりビルドアップを積めたりするのでここは好みになりそうですね。

アーマーガアと相性の良いポケモン

サザンドラ

アーマガアとの相性補完が良くて、苦手なヒートロトムなどの電気タイプに後出しできるのが強いです。

600族なだけあってパワーも耐久も高くて非常に使いやすいですね

カバルドン

起点づくりと言えばのこのポケモンですね。

砂嵐とステロで相手のポケモンを削ることができてダイジェットで倒せる範囲が増えます。

また、あくびで眠らせることができれば安心してビルドアップを積むことが出来ます。

バンギラス

砂嵐中だと特防が1.5倍になるためアーマガアの苦手な特殊アタッカーに対して非常に強く相性が良いです。

カバルドンと同じように砂とステロで削ることもできますしアタッカーとしても非常に強いですね。

カビゴン

アーマーガアの弱点であるほのお技をあついしぼうで半減にして受けられるのが良いですね。

さらにバンギラスと同じく特殊耐久が非常に高いので苦手な特殊タイプに強く出られます。

トゲキッス、サザンドラ、特殊ドラパルトなどサブウエポンに炎技を採用しているポケモンに出していきたいですね。

アタッカーアーマガアの使用感

上の画像のパーティを使ってレートに潜ってみました。

アタッカーアーマガアを使ってみた感じ刺さる相手には滅茶苦茶刺さっていてあっさりと勝つ試合が多かったです。

特にサザンドラとの相性補完が凄く良くて一緒に選出すると凄く使いやすかったです。

ただこの二匹だと炎技とフェアリー技を両方覚えるトゲキッスとかのポケモンがきつかったです。

なのでカビゴンとかのトゲキッスに強そうなポケモンは入れたいなって感じました。

あとはギャラドスも龍舞されたり自信過剰が発動するとダイストリームでアーマーガアが吹き飛ばされるのでちょっときつかったですね。

使ってみて16勝7敗の勝率6割くらいでスーパーボール級まで行けたので普通に強いと思います。

対戦になれていない僕みたいな初心者でもアーマーガアのパワーで勝っていくことが出来ました。

初心者にも結構お勧めのポケモンですね。

アタッカーアーマーガアは強いのか?レート初心者の育成論” に対して1件のコメントがあります。

  1. SEO Affiliate より:

    Awesome post! Keep up the great work! 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です